アニメ・声優総合情報ブログ―アニメティーガーデン

アニメや声優が大好きな ふーみんが、最新のアニメから過去のアニメまでの情報をまとめています。また、声優の出演情報やイベント情報についてなども 発信して行きます。

アニメ感想 劇場版アニメ

映画『傷物語 鉄血編』感想~背景など映像のリアリティが凄い!

投稿日:2017年11月2日 更新日:

2017-11-02_09h46_44 映画『傷物語 鉄血編』感想~背景など映像のリアリティが凄い!

こんにちは。アニメと声優さんが大好きな20代女子、ふーみんです!

11月になりましたね。最近になって、我が家では やたら大学いもを大量生産していますw さつま芋が美味しくて、つい 作りすぎちゃうんですよね・・・(;´∀`)

先日は、映画『傷物語Ⅰ 鉄血編』の あらすじを まとめました。今回は、その感想と考察を書いて行きます。

スポンサードリンク





それではご覧ください!

映画『傷物語Ⅰ 鉄血編』のあらすじ

まず初めに、以下の記事↓には、『傷物語Ⅰ 鉄血編』の あらすじを まとめました。よろしければ、一度ご覧ください。

上映時間が64分で 割りと短編なので、サクサク読めるかと思います。

ただ、「あらすじなんて、いちいち読みたくない!」という方や、もう内容を知っている方は、あらすじの記事は読み飛ばしていただいても OKです。この後の 2.『傷物語Ⅰ 鉄血編』を観ようと思ったきっかけの部分を ご覧ください。

 

『傷物語Ⅰ 鉄血編』を観ようと思ったきっかけ

学生時代の友達が やたら文学少女だったので、彼女に勧められて『物語シリーズ』の小説を読んでみました。それで、こちらの原作は 一通り読んだことがあり、TVアニメも放映されたときに観ていました。

今回 映画を観てみようと思ったのは、そのときの懐かしい気持ちからですかね(・ω・)ゝ

 

感想・考察

『傷物語Ⅰ 鉄血編』について、大体の内容が入ってきたら、いよいよストーリーの感想・考察を書いていきますよ(`・ω・´)ゞビシッ!

あえて 続きのⅡ部・Ⅲ部は観ずに、今回のⅠ部のみを鑑賞した感想です。

あくまで個人の感想なので、文章に若干 偏りがあるかもしれません。ご了承ください。

 

阿良々木のナレーションが 全くない

2017-11-02_09h46_44 映画『傷物語 鉄血編』感想~背景など映像のリアリティが凄い!

私はTVアニメ版『物語シリーズ』での『台詞で埋め尽くされている』感じが好きだったので、「今回の映画でも同じかな?」と思っていましたが、違いましたね。

まず、本作では 主人公・阿良々木のナレーションが全然ありませんTVアニメでは、原作小説のままの『語り』が、各話のプロローグにナレーションで入っていましたが、それが今回は全くないのです。

もう一つは、塾廃墟という、とても閉鎖的で 孤独感のある場所が 舞台になっていること ですね。色調も かなり暗く、登場人物は必要最低限しか出てきません。モブキャラが一切登場しないこともあり、日常とは かけ離れた場所にいるような不安感がありました。

そして、「ズウウゥゥゥゥゥン・・・」という重低音の音響が、本当にリアルに出来ています。暗い色調との相乗効果で、本作には まるでホラー映画のような雰囲気さえ ありました。(実は私、どちらかと言うと ホラーは苦手な方です・・・(´・ω・`))

 

リアリティ溢れる映像がすごい

2017-11-02_09h46_44 映画『傷物語 鉄血編』感想~背景など映像のリアリティが凄い!

TVアニメの 無機質でカラフルで、どちらかというと シルエットに近かった背景。今回の映画では、ほぼ現実の映像を加工したようなCGとなっていました。そして、それに伴うキャラクターデザインも、かなりリアルな感じに変更されていました。特に、阿良々木とキスショットは その傾向が顕著なので、好き嫌いは分かれそうですね。

また、冒頭から意味深に描かれる、塾廃墟の中心にそびえ立つ巨木のアップなど、全てがスクリーン仕様のクオリティは大迫力でした!(家のTVで視聴しました)

それに加えて、阿良々木の家や塾廃墟のデザインも 変更されています。阿良々木の家はTVアニメとは違って 丘の上ような場所に 1軒だけ建っており、室内もフローリングなどがリアルに描写されています。より現実的な”家”に近い内装になりました。塾廃墟も超がつく程 巨大になっていましたが、これは恐らく、戦うときに より派手になるから という理由でしょうね。

 

キスショットとの出会いの描写

2017-11-02_09h46_44 映画『傷物語 鉄血編』感想~背景など映像のリアリティが凄い!

書店へ行った帰り道に出会う、金髪の吸血鬼・・・ 物語の核でもある、キスショットと遭遇する地下鉄駅構内付近のシーンでは、

「・・・---・・・」

というモールス信号が、電光掲示板や シャフト演出でお馴染みの場面転換時に、頻繁に現れていました。「TTT222TTT」と振られたこのモールス信号。振られているアルファベットは、恐らく「トンツー」を表しているのでしょうが、信号自体はSOSのモールス信号のようです。

このモールス信号は、『T2』、テツ、鉄、鉄分 ――『血』を求める キスショットのSOS、とうことでしょうか。

原作がコメディタッチで さらりと描かれていただけに、ここまでシリアスで重厚だと、一度逃げた後で、キスショットの泣き声を聞いて戻ってくる 阿良々木の異質さが 際立ちますね。

 

原作と違うところは?

2017-11-02_09h46_44 映画『傷物語 鉄血編』感想~背景など映像のリアリティが凄い!

まず何よりも大きいのは、吸血鬼化した後で、日の光を浴びて炎上する阿良々木の描写を、オープニングに持ってきたことですね。この冒頭の「どこか知らない世界に放り込まれたような」「何が起こっているのかわからない」不安感は かなりのものです。不吉の象徴であるカラスや、日の丸と太陽が重なっていく絵にも ゾクゾクしました。

作中で描かなかったことで大きいのは、阿良々木の二人の妹の描写が、完全になくなったことでしょうか。それにより、阿良々木の孤独感が かなり増しています。賢明な判断だと思います。

原作のキスショットは、阿良々木に助けてもらうために、かなり情けない・・・もとい悲痛な言動をしていましたが、そこも大分削られていました。これにより、「ごめんなさい」「ありがとう」という キスショットの言葉が より際立つことになるので、個人的には好きです。

そして原作では、吸血鬼ハンターの一人・ドラマツルギーだけが「何を言っているのかわからない」だったのですが、映画では他の二人の吸血鬼ハンターの言動も全く聞き取れない状態になっていました。これは声優を隠しておくという演出でもあるのかな、という見解です。

スポンサードリンク




作画や演出について

2017-11-02_09h46_44 映画『傷物語 鉄血編』感想~背景など映像のリアリティが凄い!

アクションシーンの動きがかなり良いです。(おじさん・・・じゃなくて忍野のところも)今回はまだ最初の方なので アクションシーン自体は そんなに多くなく、ごく一部でしか動きの感じは見られませんでした。でも、今後のⅡ部・Ⅲ部では アクションシーンが多くなって来て、真髄が見られるのかと思うと、非常に楽しみです。

それから、全編を通じて、とても細かく綺麗に 作画や演出が なされていたように感じます。キャラクターも背景も最高の出来だと思います。

ただ、絵で遊んでいる感がTVアニメの時よりも強いので、TVアニメ版のような「アニメ!」という感じの綺麗さを求めていくと、びっくりするかもしれません。映画版はかなり遊びが効いているというか、こだわりが強く描写されています。物語シリーズを初めて観る方は、もしかすると戸惑うかも しれませんね。

 

時間は短かったけれど、見ごたえはありました。やっぱり、1つの作品としては どうしても短さを感じますが、手が込んでいるため、総じて内容の濃さを感じました。原作やアニメが好きな方であれば、一度見てみると良いかと思います。

 

他の方の感想

ここまでは、個人的な感想を述べて来ました。

他者の感想も参考になるかと思いますので、Twitterから いくつかご紹介します。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。映画『この世界の片隅に』の感想は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

また、当ブログの人気記事↓も、よろしければご覧ください♪

 

その他、アニメ映画についての関連情報は、こちら↓の まとめ記事にありますので、合わせてご覧ください!

スポンサードリンク




-アニメ感想, 劇場版アニメ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『この世界の片隅に』の感想~戦時中を生き抜く強さを感じる

こんにちは。アニメと声優さんが大好きな20代女子、ふーみんです! 明日、知人と一緒に 大好きな カラオケに行くので、今から もう既に 楽しみです♪((o(´ω`)o))ワクワク 先日は、映画『この世界 …

映画『傷物語 熱血編』ネタバレ含むあらすじを徹底解説!

こんにちは。アニメと声優さんが大好きな20代女子、ふーみんです! 先週のラジスマ(『宮野真守のRADIO SMILE』)が、野球中継延長のため 休止となり、かなりショックを受けました(´;ω;`) 内 …

うたプリ マジLOVE1000% 最終回 感想~ハンカチ必須! 感動のラスト

こんにちは。アニメと声優さんが大好きな20代女子、ふーみんです! 新作動画のお知らせです(o・ω・o)! こちらは『マジLOVE2000%』のST☆RISHの曲、「夢追人へのSymphony」です(- …

アニメ映画『刀剣乱舞-花丸-』幕間回想録が2週間限定で公開!

こんにちは。アニメと声優さんが大好きな20代女子、ふーみんです! 最近、冷え症改善のために、自宅でヨガを始めましたw 決して身体が柔らかいとは言えない私ですが、体質改善のために 続けてみます!(๑•̀ …

映画『傷物語 冷血編』感想~決してハッピーエンドではない締め方

こんにちは。アニメと声優さんが大好きな20代女子、ふーみんです! 声旅イベント行ってきましたよ~(*´ω`*) 行って来て すぐなので、ネタバレは控えますけど、最高に面白かったです(^O^) 一言だけ …